眼鏡は「目」のすぐそばで機能する。当然の話だが「目」は重大で、デリケートな器官だ。

眼鏡部品、そこに施されるメッキ加工はヒトの人生にかかわる場所で日夜働き続ける。

安全性も、日々の摩耗や審美への耐久性も、高いレベルが要求される。

何かあったとき、ただでは済まされない厳しさがある。

 

大阪で創業した浜野メッキは、7年の実績を積んだのち、「眼鏡の聖地」鯖江に移った。

眼鏡部品のメッキ業者として、がっぷり、四つに組んできた歴史がある。

 

眼鏡以外の分野にも取り組む今も、「鯖江の」メッキ業者であることは「誇り」なのだ。

私たちの会社がある、福井県鯖江市は昔からものづくりが盛んで、日本一のシェアを誇る眼鏡をはじめ日本有数の技術を誇る産業都市として知られています。

眼鏡製造は世界に先駆けてチタンを用いたメガネの製品化に加え、品質やデザイン力の向上などで、国内で製造されるメガネフレームの約9割を製造する一大産地の地位を確立。近年は鯖江で培われた高度な加工技術を活用し、様々な分野への進出を図っています。


私たちの会社の沿革、概要、アクセスなどをご紹介します。

お問い合わせはこちらのフォームよりお願い致します。